無料ブログはココログ

« チャランケ | トップページ | 「日本のへそ」はどこにある? »

2013年7月12日 (金)

キュニコス学派

   アンティステネスを祖とするギリシア哲学の一派をキュニコス(キニク)学派という。その名はアテネ近郊の体育場キュノサルゲス(白犬の意)に由来する。この派の人たちをさげすんで、あだ名「犬」にもとづくとして明治時代に「犬儒学派」としたのは誤りである。自然的な必要の満足のみが幸福の源であり、これに反する道徳・慣習・法などの人為をすべて退けた。また身体と精神を鍛錬することで魂の自由が確保されるとして、苦行を重んじた。「樽の哲人」のディオゲネス、クラテス、ヒツパルキア、ローマ期のデメトリオス、デモナクス、オイノマオスらがいる。Kynikos

« チャランケ | トップページ | 「日本のへそ」はどこにある? »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャランケ | トップページ | 「日本のへそ」はどこにある? »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31