無料ブログはココログ

« 烙印の女たち 大竹章子 | トップページ | 「あまちゃん」と懐かしの80年代アイドル »

2013年7月20日 (土)

黄色いシャツの男

T02200224_0640065312016118974   「♪黄色いシャツ着た無口な男 オッチョンジ 惹かれる オッチョンジ 好きなの」韓明淑(ハン・ミョンスク)が歌いヒットした「黄色いシャツ」(1961年)はパティ・キム、桂銀淑、キム・ヨンジャなとがカバーし、今でもときどき聴くことがある。それにしてもなぜ黄色なのだろうか?

9260bd53      聞くところによると、韓国の家の床の色はほとんど黄色だという。黄色が好きな国民性なのか。ゴッホ展が韓国で開かれたとき大人気だったのも、黄色が好きな国民性であれば頷けるところがある。このような国民の色の嗜好の研究はなかなか難しい。

Dvc00041   色彩学に色相環表がある。基本の12色を色相の近い色を円形に並べる。黄色を中心に考えると、黄色から距離が近い色相は「黄緑」や「オレンジ」であり、逆に遠い色相は「青紫」である。このように色相環の反対側に位置する2色を補色という。補色は色相差が最も大きいので、お互いの色を目立たせる効果がある。ゴッホの絵も効果的に補色が使われている。身近な看板にも多い。例えばセブンイレブンの看板は、赤・緑の配色になっている。

Pccs

« 烙印の女たち 大竹章子 | トップページ | 「あまちゃん」と懐かしの80年代アイドル »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

黄色ですか・・補色は画家にとっては基礎的な認識です。
そうですか・・韓国人は黄色が好きですか?

はじめまして。
ヤバいぜ!!Webまーけの上田と申します。

色の補色の話、大変参考になります!
意図的に効果的に使えたら面白そうですね(≧∇≦)

興味深い記事をありがとうございます。

また遊びに来させていただきます。


宜しければ、当ブログにも遊びに来て下さいね。
http://12suh.jp/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 烙印の女たち 大竹章子 | トップページ | 「あまちゃん」と懐かしの80年代アイドル »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31