無料ブログはココログ

« リストとハンガリー | トップページ | ユー・メイド・ミー・ラブ・ユー »

2013年7月31日 (水)

親子2代作家

  白石一文は2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞した。父は白石一郎で、初の親子2代での受賞となった。親子で医師や政治家は5万といるが、親子2代作家は少ない。文才は世襲できぬものなのであろう。広津柳浪と和郎、吉行エイスケと淳之介、田中英光と光二、福永武彦と池澤夏樹、太宰治と津島佑子・太田治子、森鴎外と森茉莉、幸田露伴と文。

   「椿姫」の作者デュマは父と区別するため、デュマ・フィスあるいは小デュマと呼ばれる。「椿姫」の大当たりを父に伝える電文にいわく「あなたの作品の初日かと思うほどの大当たり」。その返事「わが最良の作品は、息子よ、おまえだ」。

« リストとハンガリー | トップページ | ユー・メイド・ミー・ラブ・ユー »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リストとハンガリー | トップページ | ユー・メイド・ミー・ラブ・ユー »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31