無料ブログはココログ

« 読めない名前「梵英心、指原莉乃、内野聖陽」 | トップページ | 雑学・世界地名ルーツ・南米編 »

2013年7月10日 (水)

死に方の研究「車に跳ねられる」編

20120626003_dat_20120626134924001     交通事故死といえばジェームズ・ディーンやダイアナ妃のように乗車中の事故死を思い浮かべる。ここでは歩行中に車に跳ねられるケースを取り上げる。スペインの建築家アントニ・ガウディは路面電車に轢かれて死んだ。ほかに線文字Bの解読者マイケル・ヴェントリス、哲学者ロラン・バルト、小説家ノタロ・ズヴェーヴ、詩人の三木露風などがいる。もっとも有名なのは「風と共に去りぬ」のマーガレット・ミッチェルだろう。1949年8月11日、ミッチェルはヒュー・グラビット(1920-1994)が運転する車に轢かれて、この事故の際の傷が元で5日後に死去した。グラビットは飲酒運転で、過失致死罪となり40年の重労働が科せられた。しかしこの事故の目撃者は、ミッチェルが確認せずに道を飛び出したと証言しており、運転手の有罪についてはいまだ論争となっている。Margaret Mitchell,Hugh Dorsey Gravitt

« 読めない名前「梵英心、指原莉乃、内野聖陽」 | トップページ | 雑学・世界地名ルーツ・南米編 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読めない名前「梵英心、指原莉乃、内野聖陽」 | トップページ | 雑学・世界地名ルーツ・南米編 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30