無料ブログはココログ

« モーム「人間の絆」 | トップページ | 土用の入り »

2013年7月19日 (金)

映画の中のモダン・ジャズ

Tumblr_lk7ouv101b1qa8xyfo1_500    映画でモダン・ジャズが効果的に使われ出したのは、ジャズの本場アメリカよりも、フランスが先であった。1956年から58年にかけて、「大運河」「死刑台のエレベーター」「殺られる」あたりからでヌーベル・ヴァーグの作品に新鮮な味を加えている。アラン・ドロン、ジェーン・フォンダの小粋な映画「危険がいっぱい」(64)の音楽もサスペンスに大きな効果をなしている。ラロ・シフリンが音楽を担当していたが、彼はその後、アメリカへ渡りハリウッドで大成功した。「スパイ大作戦」「ブリット」「ダーティー・ハリー」「燃えよドラゴン」などアクション映画には欠くことのできない映画音楽作家となる。モダン・ジャズとアクションとがマッチし、きわめて新鮮な雰囲気を生み出した。ドロン、マックイーン、イーストウッドらのスターはラロ・シフリンのジャズとともに僕の記憶に残っている。

« モーム「人間の絆」 | トップページ | 土用の入り »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モーム「人間の絆」 | トップページ | 土用の入り »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31