無料ブログはココログ

« ぬげた草履 | トップページ | トンボロ現象 »

2013年7月11日 (木)

忘れられぬ芸能人

53248923   アイ・ジョージは本名の石松譲治の苗字のイニシャルから取っている。父は日本人で母はフィリピン人。出生地は香港。戦災のため正規の学校教育は受けず、小さいころからパン屋の小僧、菓子屋、運送屋、ボクシング選手、競輪選手、はんこ屋、バーテン、沖中士、土方、流しなど20数種の職業を転々とする。1959年大坂「クラブ・アロー」で歌っているところを森繁久弥に見い出され売り出す。61年にはドドンパ・ブームを起こす。63年には日本人としてはじめてニューヨークのカーネギーホールで公演した。▽浅香新八郎は戦前の時代劇スター。代表作は「沓掛時次郎」「縁結びの三五郎」「赤城しぐれ」など。弟子に女剣劇の浅香光代がいる。▽「七人の刑事」の芦田伸介。ハンティングに太ぶちの眼鏡、折り目の消えたズボンによれよれのコートという渋いいでたちながら、鋭い眼光とサビのある声でカッコよかった。▽「番頭はんと丁稚どん」芦屋雁之助、小雁、佐々十郎、大村崑、茶川一郎らスターをうむ。▽映画草創期は女優はおらず、大正中期までは、立花貞二郎、衣笠貞之助、東猛夫の3人の女形が活躍した。▽日本映画史に残る悪玉役者は安倍徹である。

Izu_s22_02_2 ▽伊豆肇は東宝の第一期ニューフェイスで入社。戦後のスター不足の折、デビュー作「戦争と平和」でいきなり主演。「青い山脈」では池部良のスマートな甘さに対して、ヌーボーとしたバンカラ役で成功した。▽大日方傳。「伊豆の踊子」は何度も映画化されているが、1933年の田中絹代は最初のものであり、共演は大日方傳。ところが国文学の瀬古確の「論文」では「田中絹代、長谷川一夫」になっている。おそらく1932年の「金色夜叉」と勘違いしたのだろう。

« ぬげた草履 | トップページ | トンボロ現象 »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぬげた草履 | トップページ | トンボロ現象 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31