無料ブログはココログ

« 日本の死刑制度  | トップページ | 未完の絶筆 »

2013年6月15日 (土)

南の島へ行こう

D0160423_12253893    日本人は古来よりなぜか「北に向かう」ことが多い。義経「奥州下り」、芭蕉「奥の細道」、啄木「北の漂白の旅」、吉田松陰・坂本龍馬・土方歳三みな北の大地を夢見た。だが西欧人は違う。シェークスピアやゲーテは南のイタリアに憧れた。ゴッホは南欧アルルに住んだ。そしてゴーギャンは南の楽園タヒチとマルサケス諸島ビバオア島で過ごした。ゴーギャンはパナマ運河の建設に従事したことがある。わずか15日で解雇された。そしてカリブ海のマルティニーク島に行く。南太平洋にあるタヒチに渡ったのは1891年4月のことであった。

« 日本の死刑制度  | トップページ | 未完の絶筆 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の死刑制度  | トップページ | 未完の絶筆 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30