無料ブログはココログ

« ガッツボウル | トップページ | 「軽薄短小」1983年 »

2013年6月22日 (土)

アルキメデスの原理

Archimedes

  アルキメデスの原理とは、液体の中の物体は、それが押しのけた液体の重さだけ軽くなる、という原理。

  このような有名な挿話がある。地中海のシチリア島に、かつて古代ギリシアの植民市シラクサがあった。シラクサを支配する王ヒエロンがある金細工師に黄金のかたまりを渡し、王冠を作らせた。しかし、できあがった王冠は銀がまぜてあるという噂が立った。そこで王は、アルキメデスに王冠を傷つけずに真偽を確かめてほしいと言った。さすがのアルキメデスも困った。ある日、湯をいっぱい入れた風呂につかったとき、身体を入れるにつれ湯が風呂からあふれ、同時に身体の重さも軽くなっていくことに気がつき、はっとした。難問は解決した。金は銀より重いので、同じ重さの金と銀を比べると、銀のほうが体積が大きい。したがって、王冠に銀がまじっていれば、それだけ多くの体積のお湯が湯船からあふれ出すはずである。実験によって、王冠に不純物が混ぜられていることが判明し、金細工師は死刑に処せられた。(Archimedes)

« ガッツボウル | トップページ | 「軽薄短小」1983年 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガッツボウル | トップページ | 「軽薄短小」1983年 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31