無料ブログはココログ

« 毛利家の家紋 | トップページ | 「草枕」漢字考 2 »

2013年6月11日 (火)

「草枕」漢字考 1

2011062419570000   余は西洋画家。非人情の旅に出て、宿で那美というファム・ファタールの女に出会う。しかし女の顔を画にするには何かが足りない。ラスト汽車を見送る瞬間、那美の顔に「憐れ」をみてとる。「それだ!それだ!それが出来れば画になりますよ」と余は言った。

    初めて読んだのが中学1年生のとき。以後、何度も断片的に読み返す。難しい漢語があるので、全てを理解したわけではないが、漱石を通じて漢語に興味を覚えた。「坊っちゃん」の平明体に対して、「倫敦塔」、そして「虞美人草」に至る浪漫的な文体である。また「草枕」には雑学の大家、漱石の面目躍如たるものがある。一節の「峠道」の冒頭部分から難読語をひとつ挙げてみる。

璆鏘(きゅうしょう)

「璆鏘の音は胸裏に起こる」。璆は玉のふれ合ってなる音。鏘は金石の響き。ともに美しい音調の意。ここでは立派な詩の意味。

(femme fatale)

« 毛利家の家紋 | トップページ | 「草枕」漢字考 2 »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毛利家の家紋 | トップページ | 「草枕」漢字考 2 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30