無料ブログはココログ

« 高林恒夫を覚えていますか? | トップページ | アルキメデスの原理 »

2013年6月22日 (土)

ガッツボウル

A0032944_1405187    本日はボウリングの日。1861年のこの日、長崎外国人居留地に日本初のボウリングが開催された。 「あの人はガッツがある」など日常的によく耳にする。ガッツ(guts)は英語で「腸」を意味するガットの複数形。つまり内臓というのが本来の意味。英語で内臓を意味していた「ガッツ」に「勇気、気力、根性」という意味が派生したのは19世紀になってから。日本で外来語「ガッツ」が使われるようになったのは、東京オリンピック以降のことのようである。高校野球ドラマ「ガッツジュン」(1971年)がある。

Photo    なお「ガッツポーズ」は和製英語で、英語では、victory pose、fist pumping などという。剣道、相撲、高校野球などガッツポーズが問題視されることがあるが、柔道、水泳などではあまり問題にされない。「ガッツポーズ」はガッツ石松がチャンピオンになったとき披露したポーズが始まりとするのは誤りで、すでにかなり一般的になっていた。ボウリング雑誌「ガッツボウル」で「自分だけのガッツポーズをつくろう」(1972年12月14日号)という特集がある。ガッツポーズはボウリングブームとともに広まった。なおドリフの「8時だよ!全員集合」で仲本工事の体操コーナーの決めセリフ「ハイ、ポーズ!」は1973年からである。

« 高林恒夫を覚えていますか? | トップページ | アルキメデスの原理 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ガッツ石松氏がある番組で「ガッツポーズを最初にやったのは自分だ。」とおっしゃっていましたが…

おはようございます。そうなんすか…石松どんも口から出任せが過ぎますのう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高林恒夫を覚えていますか? | トップページ | アルキメデスの原理 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31