無料ブログはココログ

« カルピスの黒人マーク | トップページ | 感謝カンゲキ雨あらし? »

2013年6月 3日 (月)

「バカヤロー」から「近いうちに」まで

307_2    1989年のこの日、宇野宗佑内閣が発足した。平成元年である。歴代短命内閣といえば羽田孜、石橋湛山、宇野宗佑で各64日、65日、69日である。衆議院解散には、さまざまな事情がある。吉田茂「バカヤロー解散」(1953)、鳩山一郎の「天の声解散」(1955)、佐藤栄作の「黒い霧解散」(1966)、大平正芳の「ハプニング解散」(1980)、中曽根康弘の「死んだふり解散」(1986)、宮沢喜一の「うそつき解散」(1993)。野田佳彦一は「近いうち解散」なのか「バカ正直解散」なのか統一した呼称がまだない。宇野内閣が短命という印象が強いのは女性問題からか。竹下登の後釜総裁に登用したクリーンな文人タイプだった。ハーモニカ、ピアノはプロ級で、俳人として3冊の句集がある。剣道五段で高校時代は全国制覇も成し遂げた。絵画も描くし、著書「ダモイトウキョウ」は映画「私はシベリアの捕虜になった」(1952)の原作にもなったという。いまでは宇野はワイドショーの犠牲者と見る意見もある。

« カルピスの黒人マーク | トップページ | 感謝カンゲキ雨あらし? »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カルピスの黒人マーク | トップページ | 感謝カンゲキ雨あらし? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30