無料ブログはココログ

« 公式ボールの暗部 | トップページ | 国語辞典に載ることば »

2013年6月14日 (金)

河鍋暁斎とカエル

20080503141142     東京の谷中の瑞輪寺塔中正行院に幕末から明治に活躍した日本画家、河鍋暁斎(1831-1889)の墓がある。墓石は自然石を二つ重ね、一番上の石はカエルを模したものという。なぜカエルのなのか。野口勝一「河鍋暁斎伝」(明治22年、絵画叢誌)には次のようにある。

翁始め病に臥す時、其の自ずから起つべからざることを知り、庭前の石を指し、家人に告げて曰く、予死なば、彼の石をもて一蝦蟇を刻み、之を墳上に置くべし。別に碑石を建つることなかれ。これ又何の為なることを知らざれども、願ふに翁が画に入るの初めは蛙を写せしによる。然らば即ち蛙は蝦蟇に類せるを以て終りをおもひ、其の始めをしるさんと欲するの意ならんか、と。或いは然らん。

« 公式ボールの暗部 | トップページ | 国語辞典に載ることば »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公式ボールの暗部 | トップページ | 国語辞典に載ることば »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30