無料ブログはココログ

« パパは有名人 | トップページ | チャイコフスキーの父 »

2013年6月16日 (日)

バルザックの父

Portraitdebernardfrancoisbalzac    「ゴリオ爺さん」「谷間の百合」などで知られる19世紀フランスを代表する小説家オノレ・ド・バルザック。名前に「de」がついていると貴族に聞こえるが本当は貴族階級ではない。バルザックの父はベルナール・フランソワ・バルッサ(画像1746-1829)という。革命期から王政復古期にかけて陸軍糧末秣部に勤務して、相当な地位まで出世を遂げた人物ではあったが、生まれが無産の農民だったため貴族まではたどりつけなかった。しかし、彼は密かに本名の「バルッサ(Balssa)」を名門貴族のバルザック・タントラーグ家から、同じ名字の「バルザック(Balzac)」へと改めていた。それに勝手に、恒常的に「ド」をつけるようになったのは、息子の作家オノレ・ド・バルザックである。(Bernad Francois Balzac)

« パパは有名人 | トップページ | チャイコフスキーの父 »

苗字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パパは有名人 | トップページ | チャイコフスキーの父 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31