無料ブログはココログ

« 戦艦ポチョムキン号の反乱 | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

2013年6月27日 (木)

NPB史上初、親子で勝利投手は会田有志

Saved_quote_image_129555   長いプロ野球の歴史で親子鷹は少ない。親子ともプロ野球に入ったのはおよそ10組か。長嶋茂雄・一茂、野村克也・克則、伊達泰司・昌司、堂上照・剛裕・直倫、坪井新三郎・智哉、定岡智秋・卓哉、金城晃世・龍彦、黒田一博・博樹。親子とも投手は会田照夫(ヤクルト)、有志(巨人)と笠原栄一(ロッテ)、将生(巨人)。会田有志は2007年NPB史上初、父子により一軍での勝利となる。2012年笠原将生はNPB史上初、父子により一軍の試合に先発登板する。

« 戦艦ポチョムキン号の反乱 | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦艦ポチョムキン号の反乱 | トップページ | ブーリン家の姉妹 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31