無料ブログはココログ

« perfumeがキャンディーズを超える日 | トップページ | ラッパ練習中 »

2013年6月30日 (日)

ふたりのテレサ

Teresa_avila_gerard     画家フランソワ・ジェラールによって描かれた「聖テレサ」(右画像)。カトリック教会の修道院改革に尽力した聖人で、「アビラのテレサ」(1515-1582)と呼ばれている。正式名はサンタ・テレーサ・デ・へスス(本名テレーサ・デ・セペーダ・イ・アウマーダ)という。マドリードの北西90㎞のあるアビラの貴族に生まれた。文章に優れ、当時の平明な口語体でわかりやすく書いた「自叙伝」「完成の道」「内奥の城」は神秘文学の代表作品である。

Thereselisieux     19世紀フランスのカルメル会修道女「リジューのテレーズ」(1873-1897、本名マリー・フランソワーズ・テレーズ・マルタン)は24歳で早世したが、「自叙伝」は広く読まれた。マザー・テレサ(コルコタのテレサ)の「テレサ」はリジューのテレーズの名にちなんでいる。Saint Teresa of Avila,Therese de Lisieux,サンタ・テレーサ

« perfumeがキャンディーズを超える日 | トップページ | ラッパ練習中 »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« perfumeがキャンディーズを超える日 | トップページ | ラッパ練習中 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31