無料ブログはココログ

« ローランサンとグウェン・ジョン | トップページ | ハリウッド1944年 »

2013年6月 8日 (土)

アヒル口の元祖は石川ひとみ

Photo_6

E79fb3e5b79de381b2e381a8e381bfefbc9   かつてエクボや八重歯を魅力に女優や歌手が売り出していた。「百万ドルのえくぼ」は乙羽信子で、小柳ルミ子、石野真子、芳本美代子の魅力は八重歯だった。最近は「アヒル口」が新しいチャーム・ポイントとして人気である。上唇薄め、ぎゅっと口角が上がった口がカワイイ。Wの字に見えることから「アヒル口」というらしい。朝ドラ「おひさま」のヒロイン井上真央がオデコでクリクリ目玉、そして「アヒル口」と三拍子揃った童顔。先輩格の宮崎あおいから「アヒル口」がカワイイ典型となったのだろう。古くは鈴木あみ、広末涼子、上戸彩、そして最近の吉高由里子、板野友美などがアヒル口といわれる。元祖は「はじめてのアコム♪」と発声練習していた小野真弓だろうか。だがそれよりも以前に森口博子が「アヒル口」を公言していた。しかし真の元祖は歌手石川ひとみが「アヒルちゃんの口が得意」と称して、アヒルのイラストをトレードマークにサインしていた。ひとみちゃんの歌うときの口元は最高だね。新語「アヒル口」も彼女自身の造語(推定昭和56年ごろ)であろう。

« ローランサンとグウェン・ジョン | トップページ | ハリウッド1944年 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローランサンとグウェン・ジョン | トップページ | ハリウッド1944年 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30