無料ブログはココログ

« 戦争とパーマネント | トップページ | 日本の死刑制度  »

2013年6月15日 (土)

ヘミングウェイのパリ時代

O0441037810527078013    ヘミングウェイがまだ無名だった1921年、彼は22歳でパリを訪れ7年間滞在する。その生活ぶりは、『移動祝祭日』に詳しい。シェイクスピア・アンド・カンパニー書店に通ったり、モンパルナスのカフェ「ドーム」や「ロンドン」には、シャガールやパスキン、フジタなどエコール・ド・パリの画家が始終たむろしていた。そんな中で彼は、無理算段してミロの「農園」を買って、この作品に導かれるようにスペインに渡り、やがて数々の傑作を生むことになる。(Hemingway)

Sylvia_beach_adrienne_monnier
Sylvia Beach&Adrienne Monnier

« 戦争とパーマネント | トップページ | 日本の死刑制度  »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦争とパーマネント | トップページ | 日本の死刑制度  »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30