無料ブログはココログ

« 偉業の裏に女性あり | トップページ | 温度計の日 »

2013年5月14日 (火)

地名「北海道」の由来

Image003   「♪夕陽の丘のふもと行く バスの車掌の襟ぼくろ わかれた人に生き写し なごりが辛い たびごころ」石原裕次郎といえば北海道。JTBがアンケートを実施したところ第1位はやっぱり「北海道」。土方歳三、坂本龍馬も北海道の大地に思いをはせた。独歩、啄木、有島武郎らの流離の憂い。ところで地名「北海道」の由来は?

  幕末の探検家・松浦武四郎(1818-1888)が1857年、音威子府村を調査したとき、アイヌ民族のコタンに立ち寄り、「カイナー」と言う言葉の意味を尋ねたところ、この地を「カイ」と呼び、「ナー」は敬語ということを教わった。(「天塩日誌」)1869年、開拓判官となった武四郎は「道名の義につき意見書」を明治政府に提出。日本の「北」にある「カイ」、それに旧領土を指す「道」をつけ「北加伊道」(ほっかいどう)という案を発想、そしてこれをもとに、現在の「北海道」の名称が誕生した。

« 偉業の裏に女性あり | トップページ | 温度計の日 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偉業の裏に女性あり | トップページ | 温度計の日 »

最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31