無料ブログはココログ

« TPP参加はトロイの木馬 | トップページ | 1973年、売店「キヨスク」登場 »

2013年5月15日 (水)

悪魔の缶詰

Middle_1231831588   ニューヨークの新聞記者ロバートは、ある日スーパーで缶詰の安売りがあったので、いくつか買い込んで家にもって帰った。グリーンピースのスープの缶詰だった。そして、そのうちにいくつかを食べつくした。すっぱい味がしたが、それでもあまり気にしないで口に入れてしまった。ところが四、五日たってからロバートは奇妙な腹痛に苦しみ、医者にいった。診断ではどこもわるいところはなかったが、とにかく胃のなかを検査してみようということになった。検査の結果、彼の胃の中で、なにか小さいものが動いているのが認められた。医者は首をかしげながらも、なにが動いているのか正体がわからないので、様子をみようということになった。ロバートの腹痛は、いよいよ酷くなるばかりで、医者はいろいろな薬を与えたが、まったくその効き目はなかった。

  その胃の中の小さな動くものは、しだいに成長して大きくなっていることがはっきりと認められ、ロバートは七転八倒し。喉から血を吐くこともあった。1ヶ月ほどたったある日、ロバートの腹痛の原因がわかった。ロバートの胃のなかで、ヤモリともトカゲともつかない小さな生き物が、彼の胃を食い荒していたのだった。ロバートは手術を受けたが、そのときはすでに遅く、この世の人ではなくなった。

« TPP参加はトロイの木馬 | トップページ | 1973年、売店「キヨスク」登場 »

創作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TPP参加はトロイの木馬 | トップページ | 1973年、売店「キヨスク」登場 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31