無料ブログはココログ

« パンプキンパイとシナモンティー | トップページ | 「平清盛」の展示品はどこに消えたか? »

2013年5月 2日 (木)

粽(ちまき)と柏餅

Img_997653_34974248_2     なぜ端午の節句に粽や柏餅を食べるのか。むかし関西では粽、関東では柏餅を食べるという傾向があった。もともと平安時代に中国から端午の節句が伝来したとき粽が伝えられた。粽は戦国時代の詩人、屈原の霊を慰めたのが由来とされる。汨羅(べきら)という河に身を投げた屈原が、魚に食べられないように、楚の人々が小船の上から供物を投げ入れて弔ったのがはじまり。ある日、屈原があらわれて「米を龍にとられてしまうから、今後は楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包んで、色糸で結んでいただきたい。この2つは龍が嫌うものだから」といった。これが粽のはじまりだといわれる。(「続斉諧記」)

    柏餅の柏は昔から神聖な木とされていたことや、子孫繁栄に結びつけ、縁起のいい食べ物となった。

« パンプキンパイとシナモンティー | トップページ | 「平清盛」の展示品はどこに消えたか? »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンプキンパイとシナモンティー | トップページ | 「平清盛」の展示品はどこに消えたか? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31