無料ブログはココログ

« 次の国民栄誉賞は誰? | トップページ | ゾーイ・モーツァルト »

2013年5月 7日 (火)

モンローのような女

8246989c1529a23ac88b8613bc3f6f7e917    いまネットで「砂糖菓子」と検索すると、桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」(2004)がヒットする。曽野綾子の「砂糖菓子が壊れるとき」(1966)は全文字入力しなければならない。新潮文庫も絶版になっている。筑摩書房の「曽野綾子・瀬戸内晴美集」(1976)には収録されている。大映で今井正で映画化されている。物語は孤児院で育った美しい肉体をもつ千坂京子がヌードモデルから女優へと成功し、大学教授、野球選手、作家などと男性遍歴をかさね、睡眠薬を飲みすぎて死ぬというストーリー。つまり若尾文子がマリリン・モンローで、ジョー・ディマジオが藤巻潤、田村高広がアーサー・ミラー。モンローの生涯を今の日本に舞台を設定した珍品といえる。実際のモンローは全裸のまま電話の受話器を握ったまま死んでいた。最後の恋人といわれてジョン・F・ケネディ大統領と電話していたやら、睡眠薬の飲み過ぎやら、その死因についてはいまだに謎に包まれている。

« 次の国民栄誉賞は誰? | トップページ | ゾーイ・モーツァルト »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の国民栄誉賞は誰? | トップページ | ゾーイ・モーツァルト »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31