無料ブログはココログ

« 鯉のぼり | トップページ | 消えた秋川市 »

2013年5月 5日 (日)

フビライか、クビライか?

4062920093   1260年のこの日、フビライがモンゴル帝国第5代ハーンに即位した。フビライは日本人にとって恐ろしい名である。1274年と1281年と2度にわたり、大軍を率いて九州へ攻め寄せて来た。戦前の教科書では「忽必烈」と書いて「フビライ」と読んでいた。戦後は教科書など「クビライ」とするのが一般的である。Qubilai あるいはKhubilaiはどちらが原音に近いのだろう。奥富敬之は「モンゴル語では「フ」と「ク」のあいだの発音なので、どちらでもよい」としている。杉山正明「クビライの挑戦」(1995)から後、「クビライ」もよく使われ、今は「フビライ」「クビライ」どちらも文献で見られる。(Khu

bilai)

« 鯉のぼり | トップページ | 消えた秋川市 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鯉のぼり | トップページ | 消えた秋川市 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31