無料ブログはココログ

« 英語の単語の数 | トップページ | イクナートンとホレエムヘブ »

2013年5月21日 (火)

リンドバーグ少年と愛犬の死

Photo_7    1927年のこの日、チャールズ・リンドバーグが大西洋単独無着陸横断飛行に成功した。リンドバーグ少年は、はにかみ屋でおとなしく、友達も多くなかったが、ペットを非常にかわいがる子供で、とくに犬には夢中だった。常に何匹もの犬を飼っていて、少ないときでも5匹いたが、中でもずっと一番のお気に入りだったのは雑種のディンゴだった。ミネソタ州リトルフォールズにあったリンドバーグ家の農園で、ゴミをあさっている子犬を見つけたのが、チャールズとディンゴの出会いだった。少年と子犬はすぐに友達になった。13歳のときのことだった。ある朝チャールズは、ディンゴが庭で死んでいるのを見つけた。故意に撃ち殺されという証拠は何もなかったが、連邦議会の議員をしていたチャールズの父は、その意見のため、論争の渦中に身を置くことが少なくなかった。ディンゴは、それに腹をたてた有権者の標的にされたとも考えられた。

« 英語の単語の数 | トップページ | イクナートンとホレエムヘブ »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

凛々しいですね、リンドバーグ少年。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英語の単語の数 | トップページ | イクナートンとホレエムヘブ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31