無料ブログはココログ

« リンドバーグ少年と愛犬の死 | トップページ | 日本の気候区分は半世紀前のものである »

2013年5月21日 (火)

イクナートンとホレエムヘブ

Photo     映画「エジプト人」(1954)は前14世紀のテーベを舞台とした史劇である。若い医師シヌヘ(エドマンド・パードム)は太陽神を信仰するイクナートンを獅子から助けたことで侍医となり出世する。やがて王の妹バケタモン(ジーン・ティアニー)に国王暗殺を持ちかけられ、王を毒殺する。しかし王位についたのは近衛隊長のホレエムヘブ(ヴィクター・マチュア)だった。鉄器をヒッタイトから導入する話など世界史の勉強にもなる。ただし製鉄技術が普及するのはもう少し後である。

    他にジーン・シモンズ、マイケル・ワイルディング、ベラ・ダービ、ピーター・ユスティノフら豪華キャスト。ネフェルの役をマリリン・モンローがやっていればもっとヒットしただろう。主演のエドマンド・パードム(画像)はハンサムなのに日本ではあまり人気がなかった。ハリウッド黄金期のスターで、のちイタリアへ渡り長く活躍し、4年前に没している。(Edmund Purdom)

« リンドバーグ少年と愛犬の死 | トップページ | 日本の気候区分は半世紀前のものである »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リンドバーグ少年と愛犬の死 | トップページ | 日本の気候区分は半世紀前のものである »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31