無料ブログはココログ

« 近世は死刑の時代だった | トップページ | グラウンドホッグ・デー »

2013年5月10日 (金)

ボッティチェリ「春」の中央の女性は誰?

Photo_2    連続クイズ・ホールドオン(188)本日のクイズテーマは「春」。ボッティチェリの「春(ラ・プリマヴェーラ)」で中央に描かれている女神は誰てしょう?回答者は「わかりません」と。正解は「ヴィーナス」。なるほど。だがこの作品はヴァザーリが「春の象徴として、三美神によって花で飾られる」とあり、さまざまな登場人物の解釈が古来より行われてきた。絵画には8人が描かれているが、中央とは右から4人目の、やや奥まったところで威厳を見せて立っている女性のことであろう。赤と紺のマントを肩から掛けている女性が、愛の女神ヴィーナスであることに異論はない。しかし、この作品で最も目立つ位置にいるのはヴィーナスの右側に立つ、華麗な花々を纏った、花の女神フローラである。クイズの出題として不親切で、回答者にはわかりづらかったのではないだろうか。

« 近世は死刑の時代だった | トップページ | グラウンドホッグ・デー »

一般常識問題集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近世は死刑の時代だった | トップページ | グラウンドホッグ・デー »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31