無料ブログはココログ

« ホームステッド法と労働組合運動 | トップページ | ロボジー »

2013年5月20日 (月)

筆の持ち方

Photo    筆の持ち方には、単鉤法と双鉤法がある。単鉤法とは、普段私たちが鉛筆を持つときと同じ持ち方で、親指と人差指でつまむように持ち、中指を添える。指先に力が入るので、細かい線を書くのに最適である。

Photo_2    双鉤法とは、親指・人差指・中指で筆管を持ち、薬指を添える持ち方である。筆を動かしやすく、強い線を出しやすい。

   毛筆で字を書く場合は、とくに姿勢がしっかりしていないと、よい字が書けない。右手は脇につけず、左手は紙の左はしの下を押さえる。書写の腕のかまえ方には、懸腕・提腕・枕腕がある。

懸腕 腕をあげ、肘をわきの下につけないで書く方法である。大字を書くときの腕のかまえ方で、大きく自由に動かすことができる。

提腕 腕を、机の上にかるくつけているが、おさえることはなく、すらすらとすべらすようにして書く方法である。中字や細字は、この方法によるとたいへん書きやすい。

枕腕 左手をまくらにし、その上に右手をかるくのせて書く方法である。小字を書くときのかまえ方である。

Photo_3Photo_4Photo_5
  左から懸腕、提腕、枕腕

« ホームステッド法と労働組合運動 | トップページ | ロボジー »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホームステッド法と労働組合運動 | トップページ | ロボジー »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31