無料ブログはココログ

« お祖父ちゃんは北極探検家 | トップページ | 女信長 »

2013年4月 6日 (土)

会津藩の旗印の謎

Photo_2    大河ドラマ「八重の桜」を見ていると、京都守護職を拝命した会津藩の旗印がしばしば登場する。1643年、保科正之が会津初代藩主となり、家紋は会津葵、旗印は「会」の旧字体「會」の漢字一字とした。ところでこの「會」の漢字をよくみると、「日」の上の部分が真ん中の縦棒が突き出た「由」の字に横棒「一」がついたようになっている。現代のわれわれからみると、漢字をデザイン処理したロゴと思われるであろうが、本当は漢字そのまんまなのである。つまり次のような漢字が本来の字形。

Photo

   江戸時代の人は「會」の字はほとんどこのように書いていたとおもわれる。つまり毛筆による筆記体と活字「會」の違いであろう。いまでもこの字を会社の看板でみたり、書道展などでみかけたりする。最近は旗印が1000円程度で販売され、よく売れているという。

Photo_3

« お祖父ちゃんは北極探検家 | トップページ | 女信長 »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お祖父ちゃんは北極探検家 | トップページ | 女信長 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31