無料ブログはココログ

« 女信長 | トップページ | ボウカーがまた打った!? »

2013年4月 6日 (土)

古代ローマの賃貸集合住宅

Insula     ローマ人の造形的才能は建築、土木において最もよく発揮された。巨大な宮殿や公共施設、競技場はよく知られているが、個人住宅も発達した。ヴィラ(villa)は現在でも使用される言葉だが、もともとはローマの貴族たちの別荘の意味である。上流階級および中流階級の自由民が住んだ住宅をドムス(domus)といった。だがローマは都市化により、土地が高騰し、一戸建ての住宅は上流階級しか住めなくなった。そのため市内に住む中・下流階級たちはインスラ(insila)という多層型共同住宅、いわば今日のアパートような集合住宅に住んでいた。インスラは6階から7階建てがふつうで、40人以上が住んでおり、1階を店舗にして、中2階を設け、その上にアパートを載せていた。初期には木造であったが、前1世紀から、安全性と防災上の理由から法令によって制限され、皇帝アウグストゥスは倒壊の危険性があるとして、高さを20.7m(最終的には18m)以下と制限された。紀元200年代後半には5万棟のインスラがあったという。

Insulaaph
  ローマの港町オスティアのインスラ復元模型

« 女信長 | トップページ | ボウカーがまた打った!? »

建築」カテゴリの記事

コメント

ローマ人は文化生活を満喫していた・・ということで・・驚きです。二千年前ですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女信長 | トップページ | ボウカーがまた打った!? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30