無料ブログはココログ

« トルコ帽を被ったケマル・パシャ | トップページ | ポンパドゥール夫人 »

2013年4月15日 (月)

アメリカ文学8人の肖像

Dickinson Stephen_crane
  ①           ②

T_dreiser Ezrapound
  
③           ④

2636168 Hughepic
  ⑤            ⑥

993570044b51cd3c Morrison_542pxl1
   ⑦           ⑧

ヒント①19世紀、英語で書いた最大の女流詩人」(エイキン)と評価される。②南北戦争を舞台に、若い兵士フレミングが、戦友の死を契機として、次第に現実を直視する勇気をもつようになる③夢と現実の狭間で苦しむアメリカ青年の悲劇を描く④第二次世界大戦中の反米活動のかどで長く精神病院に軟禁されていたが、詩人たちの運動で釈放されてからはイタリアに住んだ⑤「サンクチュアリ」は現代の悪の根源をえぐり、人間の偽善性と正義の無力さを描く⑥アメリカ黒人の生んだブルースを芸術にまで高めた詩人⑦「欲望という名の電車」のブランチは、少女時代に恋愛結婚に破れてからは、現実逃避の夢の中に生きる孤独な女である。粗野な義弟スタンレーにより真実をあばかれ、ついに発狂して精神病院に送り込まれる。⑧アメリカ黒人作家として初のノーベル文学賞を受賞「青い眼が欲しい」「ソロモンの歌」「ビラヴド」答え①エミリ・ディキンスン②スティーヴン・クレイン③セオドア・ドライサー④エズラ・パウンド⑤ウィリアム・フォークナー⑥ラングストン・ヒューズ⑦テネシー・ウィリアムズ⑧トニー・モリスン

« トルコ帽を被ったケマル・パシャ | トップページ | ポンパドゥール夫人 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トルコ帽を被ったケマル・パシャ | トップページ | ポンパドゥール夫人 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31