無料ブログはココログ

« 14世紀、15世紀の世界 | トップページ | 激太り »

2013年4月27日 (土)

美人姉妹の謎の自殺

E0027977_20272236

    デトロイト近郊の小さな町。厳格な中流家庭に突然不幸が襲った。リズボン家は両親とテレーズ、メアリイ、ボニー、ラックス、セシリアという美しい五人の姉妹がいた。末娘セシリアが謎の自殺をとげたのは6月のことで、町を覆いつくすヘビトンボの季節だった。この事件によって一家の生活は一気に暗転する。セシリアの自殺から1年後、またしてもヘビトンボの季節に、残りの四姉妹が一緒に自殺を図った。1人は首をつり、1人は睡眠薬を多量に飲み、1人はオーブンに顔を突っ込み、1人は車の中で自分のベルトを巻きつけた。ただ1人救出された娘も、自宅に帰って数日後、睡眠薬を多量に飲んで姉妹たちのもとへと去った。全員年子の五人姉妹は、なぜ自殺しなければならなかったのか、動機は謎に包まれている。何かに取り憑かれたかのように、夏の終わりの季節に次々と若い命を散らしていった。原作はジェフリー・ユージェニデスの小説「ヴァージン・スーサイズ」。1999年にはソフィア・コッポラで映画化されている。邦題は「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」。(The Virgine Suicide,Jeffrey Eugenides)

« 14世紀、15世紀の世界 | トップページ | 激太り »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 14世紀、15世紀の世界 | トップページ | 激太り »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31