無料ブログはココログ

« タゲスタンやチェチェンってどこ? | トップページ | 舞台に穴をあける »

2013年4月21日 (日)

十八番

    「おはこ(御箱)」とは江戸時代、高価な書画や茶器などを箱に入れて大切に保存し、真作であることを示す箱書きを添えた。ここから、本物の芸であると認定されたという意味で、おはこという。十八番と書いて「おはこ」と読ませた初出は、柳亭種彦の「正本製」(1815-1831)から。また1832年七代目市川団十郎(1791-1859)が得意にした荒事の演目18種を選んで歌舞伎十八番といったことから、得意とする芸という意味で広まった。

« タゲスタンやチェチェンってどこ? | トップページ | 舞台に穴をあける »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タゲスタンやチェチェンってどこ? | トップページ | 舞台に穴をあける »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31