無料ブログはココログ

« 満塁男、実は単打男? | トップページ | 死語辞典「聖苦」 »

2013年4月10日 (水)

死語辞典「マルドメ」

   日本企業が海外に進出しようとした10年ほど前から、隠語として「マルドメ」が流行した。「まるでドメスティック」つまり純国内派の人のことを指し、国内企業しか働けない、という意味。英語が弱いてコミュケーションがとれない、というこんな笑い話も伝わる。

How often do you have election?(日本で選挙はどのくらい頻繁にあるの?)

と聞かれたところ、大蔵省のマルドメ局長は「毎朝です」と答えたという。electionを「選挙」ではなく、「勃起」と解したのだろう。「勃起」のスペルは「erection」だが発音の違いを聞き分けるのは英語初心者には難しいかも。

   いまでは死語になりつつある「マルドメ」だが、日本でしか働けない、というネガティブなニュアンスを含み、ライバルを嘲笑し、揶揄するときに使われる言葉で、企業内人事の陰湿さを物語る。

« 満塁男、実は単打男? | トップページ | 死語辞典「聖苦」 »

「ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満塁男、実は単打男? | トップページ | 死語辞典「聖苦」 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30