無料ブログはココログ

« 江川太郎左衛門 | トップページ | 横尾泥海男と関時男の没年 »

2013年4月21日 (日)

チイタカタッタッター

Photo     最初に口ずんさだ歌謡曲って覚えていますか?なんとなく耳に残る郷愁をさそう物悲しいメロディー。「チイタカタツタ、チイタカタッタ、笛の音が♪」という守屋浩の歌(1959)。先日、NHK歌謡コンサートで森山愛子が歌っていた。題名も知らなかった。「夜空の笛」という曲で、「僕は泣いちっち」のB面。「父親が死んで没落した良家の娘さんが、ダンスホールでダンサーとして働きに出て、小さな弟を養っている、というイメージ」で作ったと浜口庫之助は語る。歌詞から想像すると姉さんは死んで星になったらしい。とても悲しい曲だった。

   ところで「チイタカタッタ」という変な笛の音は浜口庫之助の創作だろうか。おそらくこの曲より前からあったと思う。「ジンジン仁丹、チータカタッタター」という古いコマーシャルがある。「レナウン娘がわんさか わんさか」より前に「レナウン娘がチータカタッタ、チータカタッタ」というのがあった。阪田寛夫作詞「マーチング・マーチ」は「♪マーチったらチータカター行進だ。右足君、左足君、代わりばんこ、代わりばんこ、良い音鳴らしてチータカタッタッター」(1965)天地総子が歌って日本レコード大賞童謡賞を受賞している。

« 江川太郎左衛門 | トップページ | 横尾泥海男と関時男の没年 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江川太郎左衛門 | トップページ | 横尾泥海男と関時男の没年 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30