無料ブログはココログ

« 日本の食肉禁止の由来 | トップページ | ゲリラ・ガーデニング »

2013年4月17日 (水)

ルーアン大聖堂

20110712_1927070_3    連続クイズ・ホールドオン。「モネはある教会を題材におよそ30点もの絵を描きましたが、フランス西部にあるゴシック様式のその教会とは?」モネが1892年から94年にかけて、光の移り変わる様を実験的に描いた教会。回答者は「ノートルダム大聖堂」と答える。「ルーアン大聖堂ではないのか」と一瞬思ったが正解だった。正式にはCathedrale Notre Dame de Rouensといい、「ルーアンのノートルダム大聖堂」のこと。つまり「私達の貴婦人」(ノートルダム)を冠した教会堂は、パリをはじめ、シャルトル、アミアン、ランス、ストラスブール、そしてルーアンと各地にある。ルーアンはパリから北西へ約100キロほど離れた位置にあり、教会は11世紀から16世紀にかけて建造された。

« 日本の食肉禁止の由来 | トップページ | ゲリラ・ガーデニング »

一般常識問題集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の食肉禁止の由来 | トップページ | ゲリラ・ガーデニング »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31