無料ブログはココログ

« 鹿苑寺 | トップページ | サクラはバラ科 »

2013年4月16日 (火)

石井ふく子の女優時代

    先日、原節子の「女医の診察室」(1950)を観ていると、看護婦役で石井ふく子が出演している。「ありがとう」「渡る世間は鬼ばかり」のプロデューサー石井ふく子は1947年新東宝の女優として入社している。出演作は少なく端役ばかりで、身体をこわして辞め、1957年TBSに入社し、「日曜劇場」のプロデュサーとして成功の道を歩む。義父・伊志井寛(1901-1972)の後ろ盾もあったであろう。伊志井は新派の花形役者として知られたが、やはり若い頃は松竹蒲田、帝国キネマ、東邦映画と映画界に籍を置いていたことがある。

« 鹿苑寺 | トップページ | サクラはバラ科 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿苑寺 | トップページ | サクラはバラ科 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30