無料ブログはココログ

« ローマの初期イコン聖母子像について、プリシラのカタコンベ | トップページ | 身近な英単語 »

2013年4月18日 (木)

白鹿洞書院

    江西省盧山五老峰のふもとに建てられた書院。もと唐の詩人・李渤(773-831)の書斎であったが、940年に書院に改変。その後荒廃するに任されていたのを、この地に地方官として赴任して来た南宋の朱熹が1179年に再建し、海内書院第一とうたわれた。朱熹がこの書院のために定めた白鹿洞書院掲示は、朱子学の教育理念の精髄として、わが国にも大きな影響を与えた。本文はわずか175字で、これに260字の跋文が添えられたものである。

「父子に親(しん)あり。君臣に義あり。夫婦に別あり。長幼に序あり。朋友に信あり」ここから親・義・別・序・信を5教の徳目という。これを学ぶには、5つの序がある。学び、問い、思い、弁じ、行う。5つの序を踏むことによって、5教の徳を修養することができる。

参考文献:柴田篤「白鹿洞書院掲示と李退渓」九州大学 哲学年報61   2002年

Photo_7

« ローマの初期イコン聖母子像について、プリシラのカタコンベ | トップページ | 身近な英単語 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローマの初期イコン聖母子像について、プリシラのカタコンベ | トップページ | 身近な英単語 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30