無料ブログはココログ

« 象を喰ったヴェネツィア商人 | トップページ | アメリカ文学8人の肖像 »

2013年4月14日 (日)

トルコ帽を被ったケマル・パシャ

Photo_5      トルコの国民の99%はイスラム教徒である。19世紀、オスマン帝国は陸軍の制帽として赤い円筒状の帽子、フェスと呼ばれるトルコ帽をターバンに代わる近代的なスタイルとして採用した。さらに政府の役人にも着用が命じられて一般化した。しかし今ではフェスをかぶる男性をほとんど見ることはない。1925年、ケマル・パシャによって禁止された。現在でも公務員がフェスをかぶることは法律で禁じられている。画像は若い頃のケマル・パシャ。25歳くらい(1906年ころ)。20世紀初め中東はオスマン帝国が支配していたが、第一次世界大戦後、サイクス・ピコ協定によってパレスティナはイギリス・フランスに分割され委任統治領となった。(Kemal Ataturk,Fez,Fes)

« 象を喰ったヴェネツィア商人 | トップページ | アメリカ文学8人の肖像 »

「ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 象を喰ったヴェネツィア商人 | トップページ | アメリカ文学8人の肖像 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30