無料ブログはココログ

« オランダの集団肖像画 | トップページ | 人差し指を立てるポーズ »

2013年4月19日 (金)

レオナルド・ダ・ヴィンチの生家

Photo_5

   レオナルド・ダ・ヴィンチは、1452年4月15日に、アルバーノ山の麓の丘陵に抱かれた小さな町ヴィンチの近くで生まれた。ヴィンチの町は、きらびやかなフィレンツェから1日の旅程である。彼は、繁栄するフィレンツェで、公証人をしていたセル・ピエロ・ダ・ヴィンチの私生児として生まれた。レオナルドの母カテリーナのことはほとんど知られていないが、少年は1457年セル・ピエロに喜んで迎えられ、セル・ピエロと義母アルビエラ・アマドリアによって育ててられた。彼の生家がいまも残っている。実母カテリーナも同地の農家に嫁しているので、レオナルドは少年期をここで過ごした。アルビエラは、継子のレオナルドをかわいがったが、若くして亡くなっている。

レオナルドの生家も下図のように1979年ころはまだ牧歌的な感じだった(週刊朝日百科世界の美術44)

Img_0016

(Leonardo da Vinci,Albiera degli Amadori,Messer Piero Fruosino di Antonio de Vinci,セル・ピエロ・フルオジーノ・ディ・アントーニオ・ダ・ヴィンチ)

« オランダの集団肖像画 | トップページ | 人差し指を立てるポーズ »

人国記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オランダの集団肖像画 | トップページ | 人差し指を立てるポーズ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30