無料ブログはココログ

« 恐竜の日 | トップページ | ルーアン大聖堂 »

2013年4月17日 (水)

日本の食肉禁止の由来

    日本書記によると676年のこの日、稚半年間、稚魚の保護と五畜(ウシ、ウマ、イヌ、ニホンザル、ニワトリ)の肉食が禁じられた。仏教の影響もあり、だいたい明治時代まで続いた。

  大乗仏教の「大般涅槃経」では「一切衆生悉有仏性」とあり、全ての生きとし生けるものは仏になる素質を持っている。したがって、仏教の影響により、肉食禁止の方向に発展する。ただし、かなり緩やかなもので鳥獣の殺生すべでダメというわけではなく、鯨は魚の一種とみられていたし、豚や猪は食用とされていた。

« 恐竜の日 | トップページ | ルーアン大聖堂 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恐竜の日 | トップページ | ルーアン大聖堂 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30