無料ブログはココログ

« アメリカ文学8人の肖像 | トップページ | ヘリコプターの日 »

2013年4月15日 (月)

ポンパドゥール夫人

L201211160600   1764年ポンパドゥール夫人の忌日。パリで銀行家の書記の娘として生まれる。ド・トゥルネムという富豪の庇護で甥のデティオルと結婚。たまたま居館付近の森に狩猟に訪れていたルイ15世の眼にとまり寵愛をうけるようになった。サロンに多くの文人を集め、宮廷で最も実力があったといわれる。政治にも関与し、とくに七年戦争へのフランスの参加はひとえに彼女の進言によるもので、王国に不要な消耗と戦費を強いた。

« アメリカ文学8人の肖像 | トップページ | ヘリコプターの日 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

wikiで調べてみると、妻をルイ15世に寝取られたシャルル・テディオールという人物はなかなか根性がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカ文学8人の肖像 | トップページ | ヘリコプターの日 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31