無料ブログはココログ

« 何事も古き世のみぞ慕わしき | トップページ | 「春はセンバツから」は死語か? »

2013年3月10日 (日)

いつのまにか「耳」が突き出ない「摂」に変更された

083setsunew2_thumbnail 083setsunew1_thumbnail 083setsuold2_thumbnail 083setsuold1_thumbnail  「摂」という字は「摂取」「摂政」「摂食障害」など日常よく使われる常用漢字である。姓や地名にも「摂津」「北摂」がある。ところがよくみると、「摂」「攝」など新字・旧字、それから「耳」が突き出るか、突き出ないか、で異なる字体が存在する。新旧字はともに子どもの名付けにも使えるが、2010年の改正常用漢字表で、新字「摂」の字体が変更されて、「耳」が突き出ない字体に変更されている。だが「耳」の突きでた字のほうが一般的であり、「耳」が突きでない字を見かけることはほとんどない。

Img_0034

« 何事も古き世のみぞ慕わしき | トップページ | 「春はセンバツから」は死語か? »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何事も古き世のみぞ慕わしき | トップページ | 「春はセンバツから」は死語か? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31