無料ブログはココログ

« 神様のボート | トップページ | ぐるっと一周オーストラリア »

2013年3月26日 (火)

楽聖忌

1184683774   1827年3月23日、ベートーヴェンは激しい雷鳴がとどろく嵐の中、ジョヴァンニ・マルファッティ医師の見守るなか病床で最後の聖餐を受けた。その後で、友人に「ブラウディテ・アミーチ・コメディア・フィニータ・エスト(喝采せよ、諸君、喜劇は終わった)」というラテン語でいった。これは古典ローマ喜劇の終幕の常套句であるが、聖餐を皮肉ったようでもあり、自分の生涯の終わりを告げようとしたものでもある。3日後の26日、ウィーンの自宅で永眠した。享年56歳。

Teltscher2    29日の葬儀には、2万人の市民が参列し、宮廷歌手が棺を担いでフンメルら弟子たちがそれに続いた。ジョセフ・テルシャー(1801-1837)が描くベートーヴェンの臨終のスケッチがある。

    ベートーヴェンの墓はウィーン中央墓地にある。ここにはモーツァルト(記念碑)やシューベルトなど音楽家の墓もある。生まれ故郷のドイツ・ボンの市庁舎前にはベートーヴェンの銅像が立つ。

Zentralfriedhof_vienna__beethoven Bonn_z1
 ベートーヴェンの墓   ベートーヴェン銅像

(keyword;Ludwing von Beethoven,Plaudie amici comoedia finita est,Josef Eduard  Teltscher)

« 神様のボート | トップページ | ぐるっと一周オーストラリア »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

晩年に聖人扱いされたベートーベンでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神様のボート | トップページ | ぐるっと一周オーストラリア »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31