無料ブログはココログ

« 谷崎文学における女性像 | トップページ | 人間ジュークボックス »

2013年3月11日 (月)

大野治長の推定年齢

F2edc07b    大野治長の系譜は明らかでなく、生年も不詳であるが、淀殿の乳母大蔵卿局の子であるという。豊臣秀頼の側近として仕え、片桐且元退去後は、淀殿の信任を得て、豊臣家を代表して奔走していた。しかしながら、後世、淀殿との醜聞が流れ、秀頼は彼の子とする噂もある。年齢は淀殿と同世代であろう。大坂城落城のときは45歳前後であろうか。

« 谷崎文学における女性像 | トップページ | 人間ジュークボックス »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷崎文学における女性像 | トップページ | 人間ジュークボックス »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31