無料ブログはココログ

« ネブカドネザルの夢  | トップページ | イヌの運動後の浅速呼吸について »

2013年3月16日 (土)

「或る女」の埋葬許可証

Photo_2   有島武郎の小説「或る女」の女主人公・早月葉子のモデルといわれる佐々城信子(1878-1949)は、昭和8年、55歳のときに、栃木県真岡にやって来た。信子の妹よしゑが、真岡で木綿問屋を営んでいた岡部完介に嫁いできたのが縁らしい。信子は武井勘三郎との間の子である瑠璃子を連れて2人で生活していた。現在、岡部記念館金鈴荘(栃木県真岡市荒町2162)の1階奥に住まいしていた。岡部農場で苺作りをしていたという。戦後、岡部家が没落すると、2人は金鈴荘を追い出された。夫の武井勘三郎はすでにこの世の人ではなかった。信子はクリスチャンとして聖書を手から離さず、清く簡素な生活を送っていた。町役場の厚い帳簿には、死体埋火葬許可証の写しが綴じられていた。

本籍 東京都中央区室町1丁目5-6

住所 栃木県芳賀郡真岡町大字荒町2162番地

生年月日 明治11年7月30日

死因 老衰症53日、肝臓炎15日

死亡場所 前記住所に同じ

埋火葬場所 町立火葬場

信子の子である瑠璃子はその後どうなったのか知らない。一説によれば、女優の星由里子と瑠璃子とは従姉妹であるともいわれるが、真偽はわからない。

« ネブカドネザルの夢  | トップページ | イヌの運動後の浅速呼吸について »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネブカドネザルの夢  | トップページ | イヌの運動後の浅速呼吸について »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31