無料ブログはココログ

« ダリウス1世のべヒスタン碑文 | トップページ | 浄光寺門額「還源山」 »

2013年3月 4日 (月)

傳山の書法拓本

261_3    傳山(ふざん)は明末清初の文人で、みだりに筆を執らず、一字千金と貴ばれた。幼少の頃から頭脳明晰で1度読んだものはかならず暗誦した。1678年、鴻博にあげられようとしたが、清朝に仕官することを拒否しつづけ、かえって人びとの尊敬をうけた。「竹雨松風琴韻 茶烟梧月書聲」

« ダリウス1世のべヒスタン碑文 | トップページ | 浄光寺門額「還源山」 »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダリウス1世のべヒスタン碑文 | トップページ | 浄光寺門額「還源山」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31