無料ブログはココログ

« 虫の味 | トップページ | ナミビア独立記念日 »

2013年3月21日 (木)

バッハ 月明りの写譜

Kazoku

バッハには最初の妻との間に7人、2番目の妻との間に13人の子どもがいた

   ヨハン・セバスティアン・バッハは、1685年のこの日、町楽師ヨハン・アンブロシウス・バッハの8番目の子(末っ子6男)としてチューリンゲンのアイゼナッハで生れた。父からバイオリンの手ほどきを受け、聖ゲオルク教会で伯父ヨハン・クリストフ・バッハの弾くオルガンに耳を傾けつつ成長する。9歳のとき母エリーザベトが死に、翌年父も後を追った。両親を失ったバッハはオールドルフの町で教会オルガニストをつとめていた長兄のヨハン・クリストフに引き取られ、この兄からクラビーアの演奏を教えられた。このようなエピソードがある。兄のところには当時の新しい楽譜がたくさんあった。しかし兄はどういうわけか楽譜を弟に見せてくれなかった。そこでバッハは、こっそりと書斎から楽譜を盗み出し、そして一同寝静まった後で、月の光をたよりに写し取った。このことが見つかって兄から散々に叱られたが、そのときにはその楽譜をすっかり暗記していた。バッハは作曲家としての基礎を学んだ。(Johann Sebastian Bach)

« 虫の味 | トップページ | ナミビア独立記念日 »

今日は何の日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虫の味 | トップページ | ナミビア独立記念日 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31