無料ブログはココログ

« 山川健次郎と千里眼騒動 | トップページ | カメラ発明記念日 »

2013年3月19日 (火)

ニクズク

Imagecache    モルッカ諸島原産といわれるニクズク科の常緑高木。高さ20mに達する。果実は肉質で西洋ナシ形、長楕円体の種子を含む。乾燥させた胚乳をナツメグ、仮種皮をメースと呼び香辛料として用いる。ニクメグは古代インドで頭痛薬や胃腸薬として有名であり、さらに10世紀らはアラビアで、16世紀にはヨーロッパでも万能薬として用いられる。カリブ海にあるグレナダの国旗にはニクズクの実が描かれている。(Myristica fragrans,nutmeg,Grenada,肉豆冠)

102292_2

Photo_3

Photo_4   グレナダの国旗、上と下、どっちが正しいかわかりますか?左隅の小さな黄色い模様は、ニクズクの実を表わし、正式には黄と赤と黒の3色が使われている。

« 山川健次郎と千里眼騒動 | トップページ | カメラ発明記念日 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山川健次郎と千里眼騒動 | トップページ | カメラ発明記念日 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30