無料ブログはココログ

« エマ・ロバーツ | トップページ | 立原道造忌 »

2013年3月28日 (木)

紫式部の本名は藤原香子か!?

Murasakisikibuhaka01

Img_0002 整備される前

    最近は歴史上の人物の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる「墓マイラー」が急増して、紫式部の墓も京都の新名所の一つとなっている。紫式部の墓は、京都市北区紫野西御所田町の島津製作所の附近にある。右に小野篁、左に紫式部の墓がある。式部の墓がこの地にあるということを最初に書いたのは、室町時代の四辻善成の「河海抄」である。この辺りは、むかし蓮台野と呼ばれる墓地だった。式部の生没年には諸説あるが、およそ1000年前に亡くなったものと考えられる。かつては小野篁と並んでいたが、1989年に墓所が整備されたようである。

   「紫式部」とは渾名で、実名はわかっていない。当時は実名を軽々しく他人に明らかにするものではないとされていた。特に女性が実名を明かすことは結婚を承諾するに等しいとされていた。角田文衛によると、紫式部の本名は藤原香子(たかこ)という説がある。だがこれには批判もあり未だわからない。(角田文衛「紫式部の本名」『紫式部とその時代』所収 1966年)

« エマ・ロバーツ | トップページ | 立原道造忌 »

女性」カテゴリの記事

コメント

そうですか・・紫式部の正体は・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エマ・ロバーツ | トップページ | 立原道造忌 »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31