無料ブログはココログ

« テオドルスとヨハンナ | トップページ | ヌエネンの教会 »

2013年3月30日 (土)

アントン・モーヴとゴッホ

Anton_mauve_k
 池のかたわらの二頭の牛

   どんなに天才芸術家でも最初は、いずれかの師から技術的な指導を受けているはずである。アントン・モーヴ(1838-1888)というオランダの風景画家は当時ハーグではその名を知られた芸術家であったが、今ではゴッホの恩師としてその名を美術史に残すことになった。モーヴの妻がゴッホの従兄弟にあたることから、若きゴッホはハーグ時代、油彩や水彩の手ほどきを受けた。モーヴは石膏デッサンの基本をゴッホに教えようとしたが、強情なゴッホはモーヴと口論して、石膏を打ち砕いてしまう。後にゴッホは、アルルでモーヴの訃報を聞いて、満開の花樹を描いて、その絵に「モーヴの思い出」と書き入れた。

« テオドルスとヨハンナ | トップページ | ヌエネンの教会 »

ゴッホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テオドルスとヨハンナ | トップページ | ヌエネンの教会 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30