無料ブログはココログ

« アントン・モーヴとゴッホ | トップページ | ゴッホ「聖書のある静物」 »

2013年3月30日 (土)

ヌエネンの教会

Neunemoldtower1884ll5
 The Old Tower at Nuenen 1884 ドレッチ・クロップ蔵

5231    1883年12月、孤独に疲れたゴッホは両親のいるヌエネンに帰った。ここでゴッホは2年間過ごし、制作にはげむ。作品数は油彩約200点、水彩とデッサンはそれをはるかに越える量にのぼった。1884年1月17日、母アンナが脚を骨折し、長い間療養するが、ゴッホは彼女をやさしく看病し、母の気をまぎらわせるためヌエネンの教会の絵を描いた。ヌエネン時代に教会や墓地の古い塔(old tower)が描かれている。ゴッホがいたころ教会は尖塔部分が壊れたようである。

15268254

188420the20old20tower20in20the20fie

Photo_2

« アントン・モーヴとゴッホ | トップページ | ゴッホ「聖書のある静物」 »

ゴッホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アントン・モーヴとゴッホ | トップページ | ゴッホ「聖書のある静物」 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30